六条まちくさ物語vol.1

まちくさ博士と一緒に六条山カフェからまちくさを探しに出かけよう。
六条山カフェに戻ったら自分が見つけたまちくさに名前をつけたり
物語を作って発表しあおう。

作品は持ち帰ることもカフェに展示することもできます。
(後日六条山カフェでまちくさ展示会を開催します!)

開催日時:12月16日(土)10:30~12:30
会場:六条山カフェ(奈良市六条西3-25-15 西の京高校正門前)
参加費:1000円+カフェ注文代(250円~)
定員:20名
進行:重本晋平(まちくさ博士・アーティスト)

お申込先:六条山カフェ(電話かファックス、メールでお申し込み下さい)
参加希望の場合は、件名に「六条まちくさ物語参加希望」と記載の上、
お名前、お電話番号、メールアドレス、参加人数をお知らせください。

六条山カフェは、たんぽぽの家が運営しているコミュニティカフェです。
西の京高校正門の目の前にあります。

0

あそびと想像の体験「まちくさみっけ隊!」

あそびと想像の体験「まちくさみっけ隊!」

「まち」に生える「くさ」を写真に切り取り、
自分で好きなタイトルをつけてみよう。
あら不思議、何でもない風景がみるみるうちに
楽しいファンタジーの世界に早変わり。

日常を「あそびと想像の力」で面白おかしく塗り替える、
そんな冒険のような体験へ、まちくさ博士がご案内します。

日時:2017年12月9日(土)14:00〜15:30
場所:絵本カフェ chouchouサクラティエ
対象:親子(小学4年生以下は保護者同伴)
料金:1,000円(材料費、おやつ、ドリンク代込み)
定員:10名
講師:重本晋平(まちくさ博士)

お問合せ先:絵本カフェ chouchouサクラティエ

0

お菓子科 抹茶入りバウムクーヘン

お菓子科 抹茶入りバウムクーヘン
投稿者:いしざき

京都市上京区、安楽寺天満宮にある木のベンチ。
座れませんよね。

京都市上京区
0

お茶の京都科 新茶の季節

お茶の京都科 新茶の季節
投稿者:いしざき

宇治市大久保~久御山町林の工業団地内の歩道に生えたコケ。
よく手入れされた茶畑の畝のように見えました。

宇治市
1

京都西陣×墨田 交流プロジェクト 「まちくさ的町歩きのススメ」

京都西陣×墨田 交流プロジェクト「まちくさ的町歩きのススメ」

「まち」に生える「くさ」とその周辺環境を
一つの景色として見立て「名付け」ることで
日常風景の見え方をガラリと変えてしまう創造体験「まちくさ」。

「名付ける」ことで何気ない風景に特別な愛着が生まれ、
そこから育まれる独自の想像世界からは、
既成概念にとらわれない新たな価値観を見出すことが出来ます。

「まちくさ視点」で東京・墨田区の町を散策し、
発想のアイデアを共有しながら「想像力」を通して
町を創造していく手ほどきをします。

日時: 10/14 (土) 13:00〜15:30
集合場所: sheepstudio(東京・墨田区京島3-20-9)
定員: 15名程度
参加費: 1,000円
講師: 重本晋平(まちくさ博士)

予約・問い合せ先: info@s-studionet.com

0

「表現」のワークショップ  まちくさという自己表現

「表現」するワークショップ まちくさという自己表現


京都・大原にある実光院の庭園という静寂な空間で
「まちくさ」の表現方法を体験することで、
これまで気づかなかった新たな「自己」の一面を発見していきます。

京都・大原の豊かな緑に囲まれ、
まちくさの癒しと想像の世界をぜひご体感ください。

日付:10月7日(土)
時間:①10:00~②13:00~
会場:実光院(京都府京都市左京区大原勝林院町187 実光院)
定員:各回10名(定員に達し次第、受付終了となります)
参加費:2,000円(材料費・拝観料を含む)
持ち物:デジタルカメラorカメラ付き携帯
講師:重本晋平(まちくさ博士)

お問合せ・申込みはこちらから→

0

ブックトーク「まちくさ」開催!

ブックトーク「まちくさ」開催!

写真絵本「まちくさ」完成を記念し、
大阪の”はっち”というスペースで
ブックトークを開催いたします!
絵本のこと、これから「まちくさ」がど
ういった活動を展開していくのか、などなど
お話しできればと思っています。

お仕事帰りにぜひお立ち寄りください!

■日時
9月21日(木)20:00〜22:00

■内容
写真絵本『まちくさ』について

■会場
”はちみつとフリーペーパのお店”はっち
(最寄駅:JR大阪駅/阪急中津駅)

■参加費
1000円(1ドリンク付)

■参加申し込み・お問い合わせ
下記『はっち』サイトより
http://hatch2015.jimdo.com/

0

まちくさ博士が出前講座に伺います!

まちくさ博士が出前講座に伺います!

現在「まちくさワークショップ」のご依頼を受付けています。
「まちくさワークショップ」とは「まち」で見つけた「くさ」と
その景色に自由な発想で名付け・物語を添えることで、
まちの見え方をガラりと変化させる体験です。

ワークショップの中で命名されたまちくさは、
名付けたひとの性格や人柄を鏡のように映し出し、
そこには一つとして同じものは存在しません。
一つ一つの個性豊かなまちくさ達が物語るその世界に、
どこまでも不思議な魅力を持って深く深く惹きつけられます。

今秋に向けて、出前講座「まちくさワークショップ」のご依頼を受付中。
小学校や児童施設でのワークショップから、
大学の講義や企業研修など大人向けのものまで、
年齢や目的に沿ったかたちでプログラムをご相談できます。

また、まちくさの視点を活用した他分野とのコラボレーションなど
まずは気軽にご連絡ください。お待ちしています!

詳しくはこちらをご覧ください→

お問合せ・ご相談先(メールフォーム)

0

まちくさオフィシャルサイトをリニューアル!

まちくさオフィシャルサイトをリニューアル!

まちくさの活動がスタートして今年で10周年。
心新たにオフィシャルホームページをリニューアルしました。

まちくさの楽しさを「知り」「体験」できる工夫を凝らしています。
どうぞお楽しみください。

0

奥脇嵩大(青森県立美術館 学芸員)

「まちくさ」という名前が良い。ひらがなの字面と「道草」にも通じる語感とが相まって、関わる人をホッとさせる風情がある。
しかし「まちくさ」はその和みの中に、都市と人の生を抉るエッジィさを隠している。土とアスファルトの間、ビルとビルのすき間に根づきながら自生する「まちくさ」たち。彼彼女らをみつけ、名づけ、物語に思いをはせるとき。私たちは「まちくさ」に自らの似姿をみる。集まりながら隣近所の人たちの顔も知らず、時に自分自身すら見失ってしまうかに思われる都市の生活において「まちくさ」とは、自分たち自身を快復させ、それらをつなげて、都市に〈もう一つの〉生態系をつくりだす。そんなひそやかな革命ともいえる行為なのだ…と、思う。

0