まちくさって?

まちくさって?

町に生きる草、それが「まちくさ」ほら、あなたの住む町にもきっといるはず。

 ある日、道を歩いていると、ふと道ばたのひび割れの隙間から顔を出している草に目が止まりました。
それは、いつもは見て見ないふりをしているような草でしたが、そのわずかな隙間からこっそりと生え出ているけなげな姿に思わず目を奪われ、それからの日々、そういった町の中に生えている草たちを観察するようになりました。

 町の隙間を縫うようにして生える草の独特の生え方や、生えている場所の特徴に視点を向けると、それぞれが個性的で豊かな表情をもっていることに気づきます。
 一つ一つの草でなく、町の構造物と身を寄せ合う草の塊(かたまり)として存在する姿を見ていると、人とどこか似通った儚さや可笑しみ(ユーモア)を持ってこちらに語りかけてくるようにさえ感じます。

 私は町の風景と一体になった草たちを「まちくさ」という言葉で定義づけるとともに、それらを写真に記録し、それぞれの特徴ごとに命名・分類していくことにしました。

まちくさ博士 重本 晋平

考案者
しげもと しんぺい
重本 晋平 (まちくさ博士)
2007年、町に生える草に独自の名前をつける「まちくさ」を考案。
図鑑と絵本を自主制作。また、同時期より「まちくさワークショップ」を開始。現在、京都を拠点に各地へ足を運び、町と人が「遊びの視点」で交わる場づくりに奮闘している。

さらに詳しくよむ

まちくさ博士のまちくさ図鑑

ここでは、まちくさ博士が発見・命名したまちくさの仲間を紹介します。全部で18種類、これらのまちくさ達は、「生え方」や「生えている場所」の特徴に視点をむけて命名されています。(雑草名とは無関係です)
まちくさ図鑑